SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 世界でたった一丁のカスクを選ぶ気持ちとは?~仲沢ブレンダーインタビュー<2>~

こんにちは。水野めぐみです。

前回は、ブレンダー室の仲沢ブレンダーにお話を伺い、ブレンダーの毎日の仕事についてご紹介しました。今回はその第二弾!プライベートでのウイスキーの愉しみ方や、ウイスキーへの思いについてお伺いしてみました。

(水野)「仲沢ブレンダーは、仕事以外でウイスキーを召し上がることはあるんですか?」
(仲沢)「もちろんです(笑)。私は飲み分けが楽しめる器用な人間でしてね(笑)、仕事では神経まで酔えませんが、その代わりプライベートでは身も心も酔える、楽しい酒好きオヤジに変身します。仕事とは違い、本当に楽しく飲んでいますよ」

(水野)「楽しそうですね!ちなみに何処でウイスキーを飲むことが多いのですか?」
(仲沢)「基本的には家で飲むことが多いですね。たまにモルトバーに出向くこともあります。でも仕事柄、お客様がどのようなウイスキーを飲まれているのか、どんな飲み方をしているのかも気になって、つい観察してしまいますが…」

仲沢ブレンダー


(水野)「なるほど…。ところで、仲沢ブレンダーは『ザ・カスク・オブ・山崎』や『ザ・カスク・オブ・白州』などのカスクシリーズ、『ヴィンテージモルトシリーズ』などのモルトウイスキー原酒を選び出す仕事をされていますよね。仲沢ブレンダーにとってモルトウイスキーとはズバリどんなものでしょう?」
(仲沢)“ウイスキーの原点”この一言につきます。一樽一樽に個性があり、味わい・風味がまったく違い、奥深く口にするのが楽しい。美味い酒に出会うと、思わず心から嬉しくなります」

(水野)「この11月に第3弾がリリースされたばかりのオーナーズカスクも2004年発売以来、仲沢ブレンダーが中心となって樽を選んでいるんですよね。樽を選ぶ時の気持ちや、お薦めの飲み方あれば是非教えて下さい。」
(仲沢)「各年を代表するモルトの中から、お客様にも是非共味わって頂きたいお酒を厳選して、提供するよう心掛けています。世界で一丁しかない貴重なカスクです。熟成した何とも言いようのない香りや味わいがあるので、一度はストレートや水と1:1のハーフロックで味わって欲しいですね。」

(水野)「最後にブレンダーとしての抱負を教えて下さい。」
(仲沢)お客様に美味しいと言われることが何よりも嬉しいし、励みになります。これからも一人でも多くの方にそう言って頂けるよう頑張ります!」

(水野)「お客様の嬉しい声が何よりも励みになる、というのは私たちご案内係も同じ気持ちなので、よくわかります!私たちも、そんな気持ちを代弁しながらウイスキーの魅力を伝えることができるよう頑張っていきたいと思います!今日はありがとうございました。」

普段からとても柔らかい物腰が印象的な仲沢ブレンダー。今回お話を伺って、柔らかな雰囲気の中にもウイスキーへの熱い思いを強く感じました。「山崎」や「響」などの市販されているウイスキーは何種類ものウイスキー原酒をブレンドしてつくられます。ブレンダーは一樽一樽個性の違うウイスキー原酒を組み合わせて無限大の味わいをつくりだしています。一見華やかに見えますが、その個性を最大限に活かすため、日々ウイスキー原酒と向き合い、ウイスキー原酒を見守り続ける、地道な作業の大切さを実感しました。

そんな仲沢ブレンダーが選び抜いた世界で唯一のモルトウイスキー原酒が楽しめるのがオーナーズカスクです。一樽となると一番安いものでも数十万円、と簡単には手が届きませんが、ご興味のある方はホームページを覗いてみて下さいね。※オーナーズカスクは、現在休売しております。

オーナーズカスクのボトル


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報