SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 「山崎と食」イベント開催!ウイスキーとお食事のマリアージュ...その結果は?

こんにちは、水野めぐみです。
山崎の桜は満開を迎え、そろそろ葉桜になろうとしています。季節の移ろいはあっという間ですね。そんな折の4月8日、リーガロイヤルホテル(大阪)セラーバーとのコラボレーションイベント「山崎と食」の第一回目が開催されました。このイベントには開催前から沢山の方からお申し込みをいただき、すでに予約はすべて満席の大人気イベントなんです!そこで今回はご参加下さったお客様の様子やお食事とウイスキーを合わせる際のコツ等を紹介しますね。
セラーバー様からのご説明の様子

さて、皆さまは普段ウイスキーをどんな時に召し上がりますか?実は今回参加されたお客様にも伺ってみた所、最も多かったのは「食後に飲む」という声だったんです(中には食前酒だよ!と言う方もいらっしゃいましたが)。食事とウイスキーって合わせにくい、というイメージをお持ちになっている方が多いのかな?ということが感じられました。
今回のイベントのテーマはずばり「お食事とウイスキーのマリアージュ(相性)」!リーガロイヤルホテルセラーバーが考案した特別メニュー4品を「山崎12年」「山崎18年」と一緒に味わって頂きました。実はマリアージュを楽しむにはちょっとしたヒントがあるんです。それさえ知っていれば、様々な料理やおつまみとウイスキーを自由に組み合わせる事ができるんですよ!
提供された料理

組み合わせのヒント、それはウイスキーの製造過程に隠れています。例えばウイスキーをチーズなどの発酵食品と合わせてみます。基本的に「似たもの同士は良い相性」と言われるのですが、この組み合わせもお互いが発酵という過程を経ているという所がポイントです。ですので、同じ理由でお味噌やお醤油で味付けしたお料理とも良く合います。
また、長い樽の熟成に由来する華やかな香味や少しビターなテイスト、これはチョコレートやナッツとの相性にぴったりです。

実際にマリアージュを体験されたお客様からは、「食事とウイスキーの相性なんてこれまで考えたことがなかったけど、やってみるとお互いを引き立てる効果があるんだと気が付いたよ」、「味付けの濃い料理には強い個性のウイスキーがよく合うんですね。これからは食中酒としても幅が広がりそうです」、「ウイスキーって言うと洋食のイメージだけど、山崎なら豆腐とかおそばなんかとも合いそうですね」といった声を頂きました。

また、ウイスキーを合わせる時は、飲み方を変えるというのもポイントです。ストレートでは合わせにくい場合も水割りやソーダ割りにすると味わいが一変しますよ。
「山崎12年はソーダ割りにしても飲みやすいですね。食事とこんなに相性がいいなんてすごい発見ですよ!」といった意見もありました。
ご参加の皆さまの試食風景

こんな風にウイスキーの楽しみ方はとっても自由です。食後酒のイメージの強い方も、いまいち飲み方のわからなかった方も、お気軽にご家庭のお料理と一緒に、ぜひウイスキーを合わせてみて下さい。特にジャパニーズウイスキーの代表格、シングルモルト「山崎」なら和食との意外な相性が見つかるかも!面白いマリアージュを発見された方はトラックバックで教えて下さいね。お待ちしてます!

この記事の感想を、水野めぐみに教えてください!
面白かった! まぁまぁだった…

サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

3件のトラックバックをいただいています

ればんとポケット

2007年4月15日 11:31

Bacchusの宴

素敵な出会い <Bacchusのフォークの先> 「山崎と食」のイベント行きたか...

オーディオのつぶやきと鞄とガラス

2007年4月15日 15:52

サントリー山崎蒸留所へ行ってきました。

山崎蒸溜所 「山崎と食 -日本のウイスキーのふるさと山崎蒸溜所で、シングルモルトと本格バーのフードを-」 という催しに参加しました。 工場見学とウィスキーに合う料理の試食とウィスキーの試飲をしてきました。 おもしろかったです。皆さんも一度は行ってみては? 帰りに樽出し原酒を買ってきました。......

鮭の魚類日誌

2007年6月30日 12:49

我、大罪ヲ犯セシカ?

どうも。 焼き鳥屋のシメは、ハイボールが理想的!っていう鮭です。 今、お天気のことならおまかせ!でおなじみ、「e-天気.net」のみなさんと飲んでました。 正確に言うと、ゴチになりました。 A社長、本当にごちそうさまでした!あんまり伏せた意味無いですけどね。 恵比寿の比内地鶏のお店「今井屋」で、焼き鳥なぞいただいておりました。 そこで、シメに「山崎12年」をソーダで割ってもらったら、 みなさんに反感を喰らいましてねぇ。 僕の感覚では、プレミアムモルツでシャンディガフを作る程度の贅沢感だったんですが、 間違ってたでしょうか? そりゃ、35年とかだったら、何はなくてもストレートなりロックで飲みますよ。 僕は、美味いソーダ割りが飲みたかっただけなんです。 普段はトリスの小瓶をラッパにする男が、 ちょっといい酒をソーダで割ってもいいかな?と思っただけです。 ほかはバーボンばっかだったし、国産でシメたかったんですよ。 実際、美味かったです。 正直、いいウイスキーは、ソーダで割ったくらいで味が落ちることはないでしょう? ロックが嫌いなわけじゃないんです。むしろ、焼酎なんかは断然ロックです。 ただ、白レバーとが鶏皮とかを食べたあとは、すっきりとソーダ割りが飲みたいんです。 生で充分美味しいのにもったいないと思いながら、 大トロを炙りで食べるのは最高に贅沢じゃないですか。 どんな意見もきちんと聞きますから、誰か教えて! 「山崎12年」だけは、ソーダ割りで飲んじゃいけなかったんでしょうか? また恥ずかしい思いをするのは嫌なので。 普段、そんなにウイスキーを飲むわけじゃないので、詳しくはないもんですから。...

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報