SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

森川ユタカ 食事とウイスキーをもっと愉しく!ウイスキーに合う冬の料理

みなさん、こんにちは。森川ユタカです。
前回書いた通り、今月は白州にも雪が降り、2月を前に一層寒さが増してきました。こんなに寒い日が続くと温かい物でも食べて、体の芯から暖まりたいですよね。今日は、今の時期にぴったりな『白州12年』と相性の良い冬の料理をご紹介します。

その前にひとつだけ。
食事とウイスキーをもっと美味しく、そして愉しくする為のポイントは、互いの共通点を見つけることです。

味わいの共通点で組み合わせるなら、甘いものには華やかで甘い香りのウイスキーを、さっぱりとした味付けのものには口当たりが軽快なウイスキーを・・・というように、味わいや産地など、共通点は何でもいいんです。

そこで今日ご紹介するのは、『白州12年』と『水炊き鍋』、『甲州地鶏』の組み合わせです。  

白州12年 『白州12年』はフルーティでクリーミーなコク、爽快な熟成香をお楽しみいただけます。

『水炊き鍋』のさっぱりとした鶏がらスープと『白州12年』のすっきりとした飲みやすさがマッチして、シンプルながらもしっかりとした味付けのスープが『白州12年』のキレのよさを引き立ててくれますよ。

寒い日の定番といえば、やっぱり鍋!もちろん、ウイスキーは他の鍋とも相性抜群です!寄せ鍋、キムチ鍋、豆乳鍋、......皆さんはどんな鍋と試したいですか?


続いてご紹介するのは『甲州地鶏』です。
山梨県の名産ですが、知らない方も多いのではないでしょうか。

『白州12年』も『甲州地鶏』も同じ山梨県産のもの。"産地が同じ"という共通点がありますよね。
召し上がり方はいろいろありますが、『白州12年』といえば、森の若葉を思わせる爽やかな香りと、甘く柔らかなスモーキーフレーバーが魅力のお酒。

炭で焼いた香ばしい香りが食欲をそそる炭火焼なら、味わいにも共通点があるので合わないわけがありません。

甲州地鶏の炭火焼の香ばしさと、『白州12年』の爽やかなスモーキーフレーバーは相性抜群!水割りや、爽快感を楽しめるソーダ割りがよく合います。


食事とウイスキー。組み合わせ次第でいろんな味わいが楽しめるのがいいですよね。いつもと同じ料理でも、ひと工夫でもっと美味しく!お酒を愉しく!

「この組み合わせは試したことがないなぁ・・・」という時も、案ずるより生むが易し。新しい発見があるかもしれませんよ。                    

                     

白州蒸溜所 白州蒸溜所は世界でも珍しい「森の蒸溜所」なんですよ!


ご案内をしていると、お客様から「蒸溜所で飲むウイスキーは格別に美味しい!」という声をよくいただきます。
それもそのはず、ウイスキーはつくられた環境の中で飲むと、味わいやその土地の個性をより深く感じることが出来るんです。美しい自然に囲まれた白州蒸溜所で飲むと、『白州12年』が育った森林を思わせる爽やかな香りがいっそう際立ち、さらに美味しくなりますよ。

蒸溜所では、ウイスキーをより美味しく召し上がっていただける楽しみ方や、ご案内係おすすめの組み合わせなどをご紹介しています。

皆さんもそんな蒸溜所ならではの特別な雰囲気の中でウイスキーを召し上がってみませんか?ご来場をお待ちしております。

サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

1件のトラックバックをいただいています

malt - resort - country

2009年4月14日 20:37

年に1度のご招待

今週は仕事で佐久(長野)へ出張するついでに、蓼科のホテルへ行ってきました。このホテルはイギリス(ブリティッシュ)の田舎(カントリー)をテーマにしつつ、豪華......

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報