SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

森川ユタカ 白州蒸溜所でいよいよ仕込みがスタート!

こんにちは、森川ユタカです。
8月のお盆休みも終わり、僕の働く白州も普段の落ち着きを取り戻しつつあります。
夕方にはヒグラシの鳴き声もこだまして、夏の終わりを実感します。

蒸溜所入り口ガイドツアーでは、白州の森の景色もいっしょにお楽しみいただけます


ところで、つい先日、白州蒸溜所で 「仕込み」が再開しました。
"再開"と聞いて不思議に思われた方もいらっしゃると思いますが、夏の間は仕込みを休止してメンテナンスを行っているんです。
 


仕込釜〔仕込釜〕メンテナンスも終わり、いよいよ仕込み再開です!

ガイトツアーでも紹介していますが、ウイスキーの原酒づくりは、この「仕込み」から始まります。
仕込槽の中に麦芽(大麦を発芽させたもの) と一定の温度に温めた"仕込水"を入れて混ぜ合わせると、麦芽に含まれるデンプンが糖分に変化し、麦汁が出来上がります。

ウイスキーの品質を決める重要な要素のひとつがこの"仕込水"。"マザーウォーター"とも呼ばれます。白州蒸溜所では、『サントリー天然水(南アルプス) 』と同じ水源の水を使って仕込みを行っています。この水で仕込むことで、『白州』ならではのすっきりとした味わいや軽快な口当たりのウイスキーが育まれていくんです。

仕込みの時に一番大切なのが仕込水の温度調節。
少しでも温度がずれてしまうと酵素が働かなくなってしまうので、一定の温度に保つ為にも"つくり手"が徹底して温度管理を行っています。
こうしてじっくりと時間をかけて出来上がるのが麦の旨みがたっぷりと溶け込んだ麦汁です。

 
木桶の発酵槽この木桶の発酵槽に白州の森の乳酸菌が住みつき、
クリーミーでコクのある原酒をつくり出してくれます

 

ここで出来上がった麦汁は、白州蒸溜所のこだわりである木桶の発酵槽で「発酵」を行っていきます。その後は・・・と皆さんにお伝えしたいところですが、ここからはガイドツアーにご参加いただいてからのお楽しみ!

実際のガイドツアーでは、間近で「仕込」や「発酵」の様子をご覧いただけるだけでなく、工程ごとに変化するウイスキーの香りも体感いただけます。
(※時間帯によって稼動していない時がございます)


仕込みが再開した白州蒸溜所で、ウイスキーの魅力に浸ってみるのはいかがですか?
皆さんのご来場を心よりお待ちしております!

 

サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報