SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 『山崎1984』『響17年』『白州18年』 「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2009」で金賞受賞

こんにちは。水野めぐみです。
今日は、皆さんに聞いていただきたい嬉しいお知らせがあるんです!

10月7日(水)にロンドンで開催された「第14回インターナショナルスピリッツチャレンジ2009」(以下ISC)の授賞式において、『山崎1984』『響17年』『白州18年』が3品同時に金賞を受賞しました!


ISC                                    『山崎1984』『響17年』『白州18年』


世界中の数あるウイスキーの中から、サントリーウイスキーの品質の高さや卓越したブレンド技術が評価されたということですから、鳥井信次郎の思いを受け継ぎウイスキーづくりに携わっている"つくり手"はもちろんのこと、私たちご案内係にとってもこの度の受賞はとてもうれしいことです!


ちなみに、サントリーウイスキーは、今回のISCの他にも、1969年にイギリスで創設された歴史ある「インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(IWSC)」や、米国最大の「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション(SWSC)」といった世界的な大会で様々な賞をいただいているんですよ。
サントリーウイスキーの受賞歴


 

中でもISCは、当時のサントリーのシングルモルトウイスキーとして初めて賞をいただいた想い出深いコンペティションでもあるんです。(ISC2003で『山崎12年』が金賞を受賞しました)

「日本の風土にあった、日本人に愛されるウイスキーをつくろう」と、1923年に日本初のウイスキー蒸溜所を開設してから80年後の2003年。ついに世界に認められたサントリーウイスキーが『山崎12年』であり、ISCだったんです。

 

そんなISCにおいて、今年は『山崎』シリーズから『山崎1984』が金賞を受賞しました!
『山崎1984』は、シングルモルトウイスキー『山崎』が発売された1984年に蒸溜・樽詰されたモルト原酒のみを厳選してつくられています。今年、『山崎』発売25周年を記念して、数量限定で発売されたんですよ。
★『山崎1984』について
サントリーシングルモルトウイスキー『山崎1984』新発売!



蒸溜所に見学にいらっしゃる海外のお客様からは、
「日本のウイスキーは、香りや味わいが強すぎず、だけどボディがとてもしっかりしていて、長い余韻が気分をリラックスさせてくれるね!これは日本人にしかつくれない味わいだと思う」

「今まで、スモーキーな味わいのスコッチウイスキーばかり飲んでいたけど、『山崎』のやわらかな甘い感じがなんとも言えないね。日本のウイスキーの魅力にはまってしまったよ」
なんて声をいただくこともあります。


海外の方へのご案内は、「『山崎』の魅力を充分にお伝えできているかな...」と、少し心配になってしまうのですが、試飲会場や有料テイスティングカウンターで「おいしい!」と喜んでいただけると、『山崎』の魅力は国を超えることを実感します。



山崎の地に日本初の蒸溜所が開設されてから、今年で86年目。時を越えて受け継がれてきた"つくり手"の技と熱い想いがあったからこそ、世界中に愛されるサントリーウイスキーがあるんですね。



これから徐々に蒸溜所の景色も秋らしくなってくる時期です。「日本のウイスキーのふるさと」である山崎蒸溜所にぜひお立ち寄りくださいね。


<関連記事>
インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)について


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報