SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 山崎蒸溜所つくり手インタビュー~貯蔵・ブレンドのつくり手~<前編>

こんにちは、水野めぐみです。

今日は、久しぶりのつくり手インタビューを皆さんにお届けします!今回は貯蔵グループの足立さんと野田頭リーダーのお二人に話を聞いてきました。


 

左:足立さん、右:野田頭リーダー左:足立さん、右:野田頭リーダー


足立さんは、2008年5月のつくり手インタビューでもご紹介しましたが、実に2年振りのインタビューです。来年、定年退職を迎える足立さん。現在は、野田頭リーダーへの引継ぎを兼ねて、これまで足立さんが得てきたものを後世に託す時間を過ごされています。

今日は、そんなつくり手からつくり手へと受け継がれていく"魂"や"技"の継承にスポットを当て、ガイドツアーでは伝えきれない、つくり手の人柄や仕事をする上でのこだわりについてご紹介しますね。


(水野)「足立さん、野田頭リーダー、こんにちは!今日はお二人のつくり手としての熱い想いやこだわりについて話を聞けるとのことで、とても楽しみにして来ました。さっそく、お二人の担当されているお仕事を教えてください」

(足立さん)「僕は、山崎蒸溜所に来て、もう14年目になります。ウイスキーの貯蔵から瓶詰めまでの全ての工程を担当しています。中でも大きな仕事としては、樽で熟成させたウイスキー原酒の個性を維持することです」

(野田頭リーダー)「僕は以前、白州蒸溜所や近江エージングセラーにいたんですが、今は足立さんの後任として同様の仕事をしながらリーダー業務を引き継いでいるところです」

(水野)「なるほど。まさに、ブレンダーへの架け橋といったお仕事がメインなんですね。お二人ともいろいろな場所で貯蔵やブレンドの経験をされてきたんですが、あらためて、この仕事の難しさはどこにあると感じられますか?」

(野田頭リーダー)「いろいろありますが、樽の中のウイスキーは生き物なので、やはりウイスキー原酒の管理というのは本当に難しいですね。ブレンド後も、後熟といって味わいをまろやかにする為に数ヶ月寝かせる場合もありますし、しっかり熟成するまでたくさんの手間をかけています」


樽画像

【左上】展示用の樽。鏡板を外した状態【右上】ミズナラ樽
【左下】グレーンウイスキー原酒【右下】モルトウイスキー原酒
 

(水野)「ただ貯蔵庫で寝かせるのではなく、つくり手がしっかりと管理してあげることでウイスキー原酒もその個性を伸ばしていけるんですよね。ところで、お二人は『山崎』をつくるときに気をつけていることってありますか?」

(足立さん)「"魂"を込めることが必要だと思っています。僕は、一番大切な"家族"に飲ませても安心で、絶対においしいと言えるウイスキーをつくろうという気持ちでこれまでやってきました」

(野田頭リーダー)「僕もほとんどの原酒工場を見てきましたが、プレミアムウイスキーの『山崎』をつくっているということは、誇りであると同時にプレッシャーもついてきます。「貯蔵・ブレンド」の工程で、些細なことでもモレがあったらアウト。現場の作業は、どれを取っても手を抜けないことばかりです」

(野田頭リーダー)「実際、ブレンド後のウイスキーを入れるタンクひとつとっても、目に見えないミクロン単位の付着物まで純水で洗い流します。他の設備も同様に、完成したウイスキーの風味がそのままお客様に届けられるように、しっかりとクリーンな状態を保つようにしているんです」

(足立さん)「設備を管理するという気持ちではなく、責任感を持って、ひとつひとつのウイスキーづくりの仕事をしているという気持ちが重要なんです。そうすることで、ウイスキーを最高の状態で、次の工程の「瓶詰め」へ引き継ぐことができます。「ブレンド」でつまずいたら、ここに至るまで他のつくり手から引き継いできたもの全てが台無しになってしまいますからね」


(水野)「本当に、少しの気の緩みも許されない現場なんですね。特にお二人は、現場を管理するリーダーという立場を経験しているので、いろいろと共有できる苦労も多いのではないでしょうか」

(足立さん)「そりゃあもう、カシラくん(野田頭リーダーの愛称)のリーダーとしての苦労は、手に取るようにわかります。僕も同じ経験をしましたから。メンバーの教育・体調管理はリーダーであるカシラくんの仕事で、じゃあカシラくんの体調管理は誰がしてあげるのかっていうと...」

(野田頭リーダー)「足立さんですかね(笑)。僕は、些細なことでもメンバーが相談しやすい雰囲気を日頃からつくって、何でも話し合えるような職場にしたいと思っています。だから、どんなに忙しくても、それを表に出さないように気をつけていますが、足立さんには見抜かれてしまいますね(笑)。ゆくゆくは、リーダーがいなくても現場が回るように、メンバーにもっと仕事を任せていきたいですね」

(足立さん)「僕も、リーダーになって1年半くらいは、体調が悪くても現場のことが心配でね。休んでも仕事が気がかりでした。でも、『リーダーがいなくても自分がやらなければ!』と、メンバーが気を引き締めてくれるから、案外大丈夫だったりするんですよね。時には部下に任せる勇気も必要。これもすぐには難しいんだけど。うーん、こういう話は、ぜひ『山崎』でも飲みながら話したいですね(笑)」

(水野)「そうですね!私もお二人の話をまだまだ聞かせて欲しいです」


次回は、お二人の後輩の育て方や仕事観に迫ってみたいと思います。お楽しみに!

★過去の足立さんのインタビューはこちら
山崎蒸溜所 つくり手インタビュー~「熟成」におけるつくり手の技と想いを聞きました!<1>~
山崎蒸溜所 つくり手インタビュー~「熟成」におけるつくり手の技と想いを聞きました!<2>~

サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報