SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 樽ものがたり直営店へ行ってきました!

こんにちは、水野めぐみです。秋も深まり、貯蔵庫周辺の紅葉がうっすらと赤く染まってきました。ウイスキーが眠る貯蔵庫にも、いよいよ本格的に秋がやってきたようです。

普段、貯蔵庫をご案内していると、お客様からよく「樽は何年使えるんですか?」というご質問をいただきます。樽はウイスキーの熟成に何度も繰り返して使用します。その間、樽の中を焼くリチャーという作業で樽の熟成力を再活性し、長いもので50~70年使い続けることができます。

何十年も"ウイスキーの揺りかご"として熟成に使われた樽は、その役目を終えた後、なんと家具や調度品として生まれ変わっているんです!

ウイスキーの樽は、基本的に樹齢100年のホワイトオークが使われていますが、"割れ"や"収縮"が少なく、耐久性に優れた丈夫な木材を使用します。熟成樽としての50~70年とあわせると、その年月は150年以上!そんな、ウイスキー樽から作られる家具は、とても丈夫で、木のあたたかみと歴史を感じさせてくれます。



そこで今回は、この秋に大阪にオープンした「樽ものがたり」千里中央店から、樽が生まれ変わった姿をお届けしたいと思います!


スタイリッシュで木のぬくもりが感じられる店内

スタイリッシュで木のぬくもりが感じられる店内


明るい店内には、ダイニングテーブルやバーカウンターをはじめ、プランターや小物類など"樽材グッズ"が盛りだくさん!木のぬくもりをいっぱいに感じます。それにしても、ウイスキーの樽がこんな姿に変身するとは・・・!樽を手作業でつくる樽職人の腕もさることながら、家具職人の技や木への愛情が伝わってきます。


木のぬくもり溢れた、かわいらしい小物たち

木のぬくもり溢れた、かわいらしい小物たち
 

店内では樽材がどのように商品に生まれ変わるのかを紹介した映像を通して、初めてお店を訪れた方にも樽の活躍ぶりをご覧いただけるようになっています。私が訪れた時も、近隣にお住まいのご夫婦が来店されて、映像を見ながら店内でゆっくりと過ごされていました。


樽でつくった家具は、自宅でウイスキーを楽しむときにぴったり

樽でつくった家具は、自宅でウイスキーを楽しむときにぴったり
 

店長の神吉さんにお話を伺うと、嬉しいことに、山崎蒸溜所へ来ていただいた方もお店に足を運んでくださっているそうです。


大自然の中、100年、200年と月日を重ねて立派に育ったホワイトオークの木。ウイスキーのつくり手に見出され、ウイスキーを育む樽として50年以上活躍してくれます。自然と人の力によって、大切に守られてきた樽だからこそ、今度は家具として100年使って欲しい。そんな想いを込められて、新たな姿で生まれ変わった樽たちを、ぜひご覧になってください!

今回ご紹介した「樽ものがたり」千里中央店には、山崎蒸溜所のファクトリーショップでは取り扱っていない「樽ものがたり」オリジナルグッズもたくさんあります。おしゃれで風合いがある樽材グッズは、贈り物にも最適です。これからラインナップもどんどん増えるようなので、ぜひお立ち寄りくださいね。

「樽ものがたり」公式ホームページ
「樽ものがたり」ショールーム・取扱店


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報