SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

森川ユタカ 冬はやっぱりホットウイスキー

こんにちは、森川ユタカです。

気がつけば蒸溜所内の木々も葉を落とし、朝夕の冷え込みが身にしみてきました。僕は寒いのがどうも苦手なんですが、心も体も温まるホットウイスキーで、これからの寒い季節を乗り切ろうと思います!

一言でホットウイスキーと言っても、実は意外といろいろな飲み方があるんですよ!ウイスキーをお湯で割る基本の飲み方から、ティースプーン1杯の砂糖を入れた「ウイスキー トデイ」や、レモンスライスを入れた「ホットウイスキースリング」など・・・寒い夜に心も体も温めてくれる、今日はそんなホットウイスキーの愉しみ方をご紹介します。

まず、ホットウイスキーのつくり方の基本。
1. 取っ手のついたタンブラーにウイスキーを1/3~1/4ほど注ぐ。
2. 注いだウイスキーの倍量、または3倍くらいのお湯をゆっくり加えて軽く混ぜ合わせる。
3. お好みでレモンやシナモン、クローブを入れて出来上がり。


ウイスキーの2~3倍のお湯をゆっくり注ぐだけ!

ウイスキーの2~3倍のお湯をゆっくり注ぐだけ!


ポイントはグラスを温めておくこと。そして80度くらいのお湯をゆっくり注ぐこと。勢いよく注いでしまうと、ウイスキーの香りの成分がいっきに立ち昇ってしまいます。ウイスキーの香りの成分とお湯とが馴染むようにゆっくり注ぎながら、芳醇な香りを引き出すのがポイントなんです。

ウイスキーの香りをより愉しみたい時に、僕はシングルモルトウイスキーを選びます。特に気に入っているのが、「白州10年」のお湯割り。とてもやわらかい優しい香りに包まれてリラックスしたい時にはうってつけのウイスキーです!

また、家でちょっとしたBar気分を楽しみたい時は、角砂糖やレモン、シナモンなどを用意して「ウイスキー トデイ」を作ります。ホットウイスキーが好きな友人は、ジャムを入れたり、バジルやミントなどのハーブを入れたりするのもおいしいと教えてくれました。皆さんもぜひ色々なトッピングでホットウイスキーを愉しんでみてください。

そして、おいしいホットウイスキーと合わせたいのがチョコレート!


「白州10年」とチョコレート

「白州10年」とチョコレート
 

ホットウイスキーを飲みながらチョコレートを食べると、口の中でチョコレートがとろけて、ウイスキーの中に隠れている甘みや香りがより際立ちます。なんとも言えないおいしさが口いっぱいに広がります。ウイスキーとチョコレートがこんなに相性がいいなんて・・・と改めて実感させられること間違いなし!チョコレートにもいろいろな種類があるので、お好きなものと気軽に合わせてみてください。

この冬、ホットウイスキーとチョコレートの組み合わせで、ほっと一息つける優しい時間をお愉しみください。


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報