SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 山崎、名水の地

こんにちは、水野めぐみです。
今回は、日本のウイスキーのふるさと「山崎」についてご紹介します。

山崎蒸溜所は大阪府と京都府のちょうど境に位置します。電車で京都から新大阪へ向かったときに右側の窓の外に見える、「山崎」と描かれた茶色いレンガの建物をご覧になったことはありませんか?今の季節の山崎蒸溜所は、天王山の竹林の緑に映えてとても綺麗に見えます。

天王山の麓に位置する山崎蒸溜所
天王山の麓に位置する山崎蒸溜所
 
ちょうど反対側の窓の外には、三つの川が合流している様子を眺めることができます。手前から、京都盆地を下ってくる桂川、琵琶湖から流れ出る宇治川、遠く三重県から流れてくる木津川です。ここ山崎の地で合流して淀川と名前を変えます。山崎蒸溜所は三つの川が交わる地点に位置し、よく霧が発生する風土が特長です。濃霧で電車が遅れることもあるんですよ。

桂川、宇治川、木津川の三川が合流する地点
桂川、宇治川、木津川の三川が合流する地点
 

このように山に囲まれ、三川が交わり、自然が豊かな山崎周辺の地は、古くは水生野(みなせの)とも呼ばれ、水の豊かな里として知られていました。やがて水無瀬(みなせ)と呼ばれるようになり、和歌や物語の中にも、山紫水明の里として描かれます。「日本書紀」をはじめ、「伊勢物語」や「枕草紙」など古典や歴史の舞台にもたびたび登場してきました。

豊臣秀吉が明智光秀を破った山崎の戦い(天王山の戦い)の際には、茶聖・千利休が山崎の地を訪れて茶室を築き、この地の名水を使って秀吉に茶を点て、侘び茶の世界を大成させたと言われています。現在でも山崎蒸溜所の最寄り駅、JR山崎駅のそばの妙喜庵には千利休の茶室の遺構「待庵」があります。山崎の地は天王山に育まれた名水の地なのです。

サントリー山崎蒸溜所の建設が始まるのは1923年(大正12年)。翌1924年に蒸溜が開始されます。ジャパニーズウイスキーの創始者、鳥井信治郎は蒸溜所建設の場所を日本全国に求めました。最終的に山崎に決定した理由は、この冷涼多湿な気候風土と、歴史的にも名水の地として名高い、この山崎の水がウイスキーづくりに最適の水だったからです。

また、蒸溜所の近くには、後鳥羽上皇によって造営された水無瀬神宮の地下水は、「離宮の水」と呼ばれる、日本名水百選にも選ばれた清らかな水です。本来神饌に用いられる神聖な井戸水でしたが、茶道の歴史が始まるとともに茶の湯としても利用され、現在も書道や茶道等に利用されています。

水無瀬神宮内に流れる「離宮の水」

水無瀬神宮内に流れる「離宮の水」
 

サントリーでは、製品をつくるときに大切にしていることがあります。よい製品づくりには、よい水が欠かせない、という信念に基づいて製品づくりを行っています。
特にウイスキーづくりには良質の水と、湿潤な気候風土の中での貯蔵熟成が欠かせません。この条件がそろった山崎は、まさにウイスキーづくりの理想郷ともいえる最適な風土なのです。

現在でも、山崎蒸溜所では地下水を使ってウイスキーを仕込んでいます。水はモルト原酒の個性を育む大切な力となっています。いくつもの工程を経て、熟成を終えた原酒を製品に適したアルコール度数に収めるときにも、水は大切な役割を果たします。水は仕込みから瓶詰まで、ウイスキーづくりに深く関わっているんですよ。

やはり、山崎の地の水を使わなければ、みなさんにお愉しみいただいているシングルモルトウイスキー「山崎」の味わいは生み出すことができないんですね。白州蒸溜所(山梨県)は、また山崎とはタイプが違う、すっきりと清らかな水を使用しているため、生まれてくるモルト原酒は、山崎の重厚で華麗な味わいに対して、軽快でなめらかな味わいになります。

そんな山崎の名水によって生まれたシングルモルトウイスキー「山崎」のとっておきの愉しみ方をご紹介します。
それは、「ザ・プレミアムソーダ」を使った、「山崎」のハイボールです。この「ザ・プレミアムソーダ」は山崎の天然水でつくられているんですよ!仕込み水から、ソーダまで全て山崎の水を使って愉しむハイボールは、「山崎」の本来の香り、旨みを最大限に引き出します。以前ご紹介したこともある、「すごいハイボールのつくり方」でぜひつくってくださいね。

「ザ・プレミアムソーダ」が「山崎」を引き立てます!.jpg

「ザ・プレミアムソーダ」が「山崎」を引き立てます!
 

山崎蒸溜所では、山崎の気候風土の中でゆっくりと進む樽熟成の神秘を、特別映像や、テイスティングを通して楽しく学んでいただけるセミナー「ウイスキー匠の技講座 ~樽熟成の神秘~」を開催しています。
名水の地、山崎にぜひお越しください。

「ウイスキー匠の技講座 ~樽熟成の神秘~」セミナーの詳細はこちら
山崎蒸溜所のこだわりはこちら


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報