SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

森川ユタカ 「森香るBAR 1973」に行ってみませんか?

こんにちは、森川ユタカです。
皆さん、普段ウイスキーを飲むお気に入りの場所はありますか?自宅で飲むのが好きな方や仕事帰りに居酒屋で飲むのが好きな方、他にも、バーに通っている方もいるのではないでしょうか。蒸溜所に来場されたお客様からは、「森に囲まれた白州蒸溜所で飲むウイスキーがおいしかったです」という嬉しい声をいただくこともあります。

白州蒸溜所に頻繁に通うのは難しいですが、そんな方におすすめのバーが都内に3月末にオープンしました!名前は「森香るBAR 1973」。場所は上野駅構内の駅ナカビル「ecute上野」3階にあります。

公園口改札から入って、常磐線特急改札のすぐそばです
公園口改札から入って、常磐線特急改札のすぐそばです
 

「白州の森の中にひっそりとたたずむ蒸溜所で、匠たちが手間ひまかけてつくり出すウイスキーを、芸術的な空間が広がる上野の森の余韻とともに味わっていただくバーです」とは、店長の田澤さん。店内には白州の森をイメージしたナチュラルな白木のカウンターや、木製のシックなイスや机が配置され、森の中をイメージした風景が壁一面に広がっています。カウンター席とテーブル席があるので、友人と来ても、ひとりで来店した時でも利用しやすいですよ。
常連のお客様からは「仕事で疲れた日でも、この店に立ち寄ると森林浴したようにリラックスできるよ」という声をいただくこともあるそうです。

また、お店の入り口がガラス張りなので、店内の様子がよくわかります。初めての方でも安心して入店できるのが嬉しいですね。
「森香るBAR 1973」の扉を開けると、なんかほっとすることができるのは、上野の森と、白州の森を感じられる空間が広がっているからでしょうか。

カウンターに座って何を頼もうかと考えていると、スタッフの方がにこやかに「どんな飲み物がいいですか?おすすめのハイボールがありますよ」と声をかけてくれました。お店のスタッフの方は女性が多く、ウイスキーにそこまでなじみのない方や女性おひとりでも、安心して、ウイスキーを楽しむことができます。田澤さんに伺うと、「誰にでも、お店を気軽に利用してもらえるような雰囲気づくりを心がけています」とのこと。店内を見ると、一杯目から「白州 森香るハイボール」を飲まれる方が圧倒的に多く、皆さんウイスキーを自然体で楽しまれているようでした。

田澤さんにおすすめの飲み物をオーダーすると、「白州 森香るハイボール」を用意してもらえました。蒸溜所ブログでも「森香るハイボール」をご紹介したことがありますが、このお店の「白州 森香るハイボール」にもこだわりのポイントがあるそうです。ウイスキーを割るソーダは通常よりも高いガス圧にすることで、爽快感を高めるとともに、添えているミントの葉を軽くたたいて、清々しい爽やかな香りを演出しているそうです。

田澤さんが「白州 森香るハイボール」をつくってくれました

田澤さんが「白州 森香るハイボール」をつくってくれました
お客様と白州蒸溜所の話で盛り上がることもあるそうです
 

お店の一番人気が、この「白州 森香るハイボール」というのもうなずける味わいで、すっきりしたのど越しは、リピーターが多いのも納得です。2杯目には少し気分を変えて、レモンピールやライムピールでアクセントをつけた、「白州 レモンハイボール」や「白州 ライムハイボール」を飲む方も多いそうです。

「森香るBAR 1973」では、おつまみにもこだわりがあります。店長おすすめの「抹茶生チョコ」は森香るBARのオリジナルで、食べてみると、抹茶のほろ苦さに加え、口の中にカモミールの優しさとペパーミントの清々しい香がバランスよく広がります。ベースとなるチョコもブラックではなくホワイトチョコレートで、「白州」にあうように、ハーブの配合やチョコレートの種類にこだわり、試行錯誤を経て生まれたそうです。

「抹茶生チョコ」と「白州 森香るハイボール」のマリアージュ

抹茶生チョコ」と「白州 森香るハイボール」のマリアージュ
抹茶の緑が美しく、女性に人気です!
 

次に食べてみたのが、「オイルサーディン缶のオーブン焼き」です。普段食べるオイルサーディンに比べても上品な味わいで、「白州 森香るハイボール」によく合います。味の秘密を聞くと、「ソースに白ワインや醤油、七味などを使ってひと手間かけるんです」と教えてもらえました。シンプルなおつまみも、ひと手間かけているからこそ、お酒ともよくあう美味しい料理になっているんですね。

「オイルサーディン缶のオーブン焼き」

「オイルサーディン缶のオーブン焼き」


この他にも人気のメニューに、「『白州フランク』ホットドック」や「森のチーズ盛合わせ」があります。「『白州フランク』ホットドック」のソーセージは、ウイスキー同様白州の地で丹精を込めてつくられており、直火でチップを燃やして燻製にしたものです。「白州」と一緒に味わってみると、燻製香が「白州」のスモーキーな香りとよく合い、同じ故郷のもの同士ならではのマリアージュを楽しむことができます
「森のチーズ盛合わせ」にバジルチーズというめずらしいチーズは盛りあわされています。バジルの鮮やかな緑色がとても綺麗で目をひきますよ。

  「『白州フランク』ホットドック」と「森のチーズ盛合わせ」

「『白州フランク』ホットドック」と「森のチーズ盛合わせ」
 

このように、「森香るBAR 1973」ではひと手間かけたおいしい料理と、「白州」を使ったハイボールのマリアージュが楽しめますが、このお店でこだわっているのは、お酒と料理だけではありません。レインフォレストのコーヒーを使用したり、残り物や無駄をできるだけ出さない工夫など、自然環境の保護も意識した店舗づくりをしています。

「森香るBAR 1973」は便利な駅ナカにありながら、お酒やおつまみも充実した、気軽に白州の雰囲気に浸れるバーです。
電車に乗る前に一杯だけという方から、待ち合わせに使う方、ゆっくりとひとりの時間を楽しまれる方など、来店される方も目的も様々。出勤前にモーニングを食べて、仕事帰りにも立ち寄るファンも多いようです。休日に上野の森の美術館に行った後にお店に寄るのもおすすめですよ!
皆さんも今日の仕事帰りに「森香るBAR 1973」に行ってみてはいかがですか?

~お店情報~
「森香るBAR 1973」
アクセス: JR上野駅構内3階 エキュート上野内
営業時間:月~土 7:00~23:00 LO22:30/日・祝 7:00~22:30 LO22:00
客席数:17席
電話番号:03-5826-5623
ホームページ:http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00201207/index.html


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報