SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 敬老の日を「山崎」でお祝いしましょう 

みなさんこんにちは。水野めぐみです。
9月に入り、朝晩は涼しくなってきましたね。9月といえば毎年第3月曜日が、「敬老の日」です。今年は9月19日ですが、皆さんはどんなプレゼントをお考えですか?
敬老の日の贈り物には健康グッズや花束など、さまざまバリエーションがあると思いますが、実はウイスキーも人気のある贈りものなんですよ。ウイスキーをお好きな方が、一緒に飲みたいと思って贈られることもあるようです。

今日は「山崎」のラベルに隠された秘密をご紹介します
今日は「山崎」のラベルに隠された秘密をご紹介します
 

蒸溜所でお客様とお話していると、「角瓶」、「サントリーオールド」、「ローヤル」などは、ご年配の方が若い頃から販売していたウイスキーなので、「懐かしい」という話をよく聞きます。また、「ウイスキーを飲んでいると、若い頃のことをよく思い出すんだよ」とお話をされる方もいます。
ウイスキーギフト「敬老の日スペシャルページ」はこちら

「角瓶」や「サントリーオールド」は70代の方が生まれた頃に、「ローヤル」は70代の方が成人した頃に販売されたウイスキーです。ウイスキーへの関心がだんだんと高まり始めた頃でした。その後、東京や大阪を中心にトリスバーが出現し、ウイスキーは"舶来の酒"から"仕事帰りに気軽に楽しめる一杯"へと、身近な存在へと変わっていったと聞いています。
ウイスキーとともに人生を歩んでこられた方にとって、ウイスキーは、単に"お酒"とはひと言では言い切れない思い出の詰まった大切なものなんだと思います。

ところで、私が「山崎」を贈るのには、他にも理由があるんです。
「山崎」のラベルの文字をよく見てください。この文字はサントリー2代目社長だった佐治敬三の自筆なのですが、「崎」という文字のつくりの「奇」の部分が、実は「寿」になっているんです。

「奇」の部分が「寿」になっています

「奇」の部分が「寿」になっています
  

これは、ジャパニーズシングルモルト第1号である「山崎」の門出を祝う気持ちを込め、サントリーの前身である「寿屋」と、おめでたい意味の「寿」をかけ、くずした文字を、「山」と組み合わせて書かれたものなんです。そのため、この逸話をご存知のお客様の中には、「縁起がいいから、米寿のお祝いにぜひ『山崎』を贈りたい!」という方や、お祝い事のときに「山崎」を召し上がってくださる方もたくさんいらっしゃいます。
このように人の温かい気持ちが通い合う贈り物に「山崎」を選んでいただけるのは、つくり手たちにとってもこの上ない喜びです。

山崎蒸溜所のつくり手たちは、皆さんの大切な方への贈り物として選んでもらえるような、そんなウイスキーになるように、日々こだわりを追求しています。

今年の敬老の日は、おめでたい意味が込められた「山崎」でお祝いをされてはいかがでしょうか。
オンラインショップ「イーリカー」はこちら
ウイスキーギフトサイトはこちら


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報