SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 中秋の名月は、「山崎」とともに

みなさん、こんにちは。水野めぐみです。
中秋の名月を迎え、各地からコスモスの便りが届くなど、秋らしくなってきましたね。澄んだ秋の夜空の下、ウイスキーを片手にゆっくりとした時間を愉しむのに最適な季節です。
今年の中秋の名月は数年ぶりに空が晴れて、全国でお月見ができたようですが、私も京都の鴨川を眺めながらウイスキーを飲めるお店でお月見をしてきました。夏が暑いと言われている京都も、9月中旬にもなると夜風が涼しくてとても心地よく、立ち寄ったお店でウイスキーを片手にゆっくりと月見を愉しむことができました。

元々は中国から伝来した「お月見」の行事は、日本では奈良時代から平安時代初期に伝わって、江戸時代に庶民の間に定着したものです。
旧暦8月15日(現在の9月中旬)の夜である、「十五夜」のお月見は中秋の名月と呼ばれ、特に美しいとされています。またこの時期は、日本では農作物の収穫期でもあることから、田畑で獲れたものを供えて感謝する大切な行事でもあったようです。

「お月見」というと、ピラミッド状に積まれた白い団子を飾ることを思い浮かべてしまいますが、お供えするものは、国内でも地域によって異なっているようですね。
関西では細長い団子に餡を巻いてお供えする習慣もありますが、日本ならではの和菓子とウイスキーを合わせてみるのも、この季節ならではの楽しみ方かも知れません。
実は、餡は「山崎12年」と相性がいいということ、ご存知でしたか?

「ウイスキー匠の技講座」では最中とのマリアージュが楽しめます

「ウイスキー匠の技講座」では最中とのマリアージュが楽しめます


山崎蒸溜所で開催している「ウイスキー匠の技講座~樽熟成の神秘~」の中でも、「山崎12年」を楽しんでもらう方法のひとつとして、最中とのマリアージュを楽しんでいただいています。最中を口にしたときに感じる、餡の繊細な甘さとなめらかでどっしりとした口当たりと、「山崎12年」がもつ樽由来の繊細で上品な甘い香り、山崎の名水が織り成す重厚な口当たりとが重なって、また違った「山崎12年」の一面を見せてくれます。
「ウイスキー匠の技講座 ~樽熟成の神秘~」のみどころはこちら

また、お月見のようにゆっくりと楽しみたいときの「山崎12年」の飲み方は、大きめの氷を使った水割りがおすすめです。水割りはウイスキーの香りの総量を増やしてくれるので、「山崎12年」がもつ樽由来の甘さや余韻を、時間をかけてじっくりと楽しむことができますよ。最中などの餡との相性も抜群です。

その年の収穫を月に感謝する行事でもあるお月見。ウイスキーも、原料である麦がなければ、その香りや味わい、余韻を楽しむことができません。ウイスキーの原料や、それぞれの工程でつくり手の熟練した技に感謝しつつ、「シングルモルトウイスキー山崎」をゆっくり味わえた今年の中秋の名月でした。


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報