SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 山崎の名水を訪ねて、散歩に出かけてきました

こんにちは、水野めぐみです。
12月に入り日増しに寒くなってきましたね。山崎蒸溜所を取り囲む山々の紅葉は冬を目前に紅葉のピークを迎えました。山崎は四季折々、自然の豊かさを感じられる場所です。山崎蒸溜所にお越しになるお客様には、ウイスキーの味わいや香りと共に、山崎周辺の自然が織りなす美しい景色もお楽しみいただいています。10月のブログでも初秋の天王山に登った話をご紹介しましたが、その時にスタート地点となった宝積寺から眺める景色はとりわけおすすめです。山崎の地で桂川と宇治川、木津川が合流して淀川となる"三川合流"の景色を楽しんでいただくことができますよ。

彩豊かな天王山
彩豊かな天王山
 
先日、紅葉のシーズンを迎えた山崎を散歩がてら、ふたたび宝積寺を訪れてきました。ここから眺める三川合流の景色はいつ見てもすばらしく、改めて、山崎が緑や水に恵まれた土地だと思わずにはいられません。山崎の水と言うと、名水で名高い「水無瀬神宮」があります。色とりどりに染まる天王山を右手に、水無瀬神宮を目指して淀川の下流に向かって歩いてみましました。

水無瀬神宮は蒸溜所から徒歩で約15分
水無瀬神宮は蒸溜所から徒歩で約15分
 

水無瀬神宮の境内には、名水百選として名高い「離宮の水」が今も湧き出ています。
水無瀬神宮には、地元の人々が良質な水を求めて足を運ぶのはもちろん、離宮の水は茶会にも利用されるなど、茶の湯の世界でも山崎の水のおいしさは大変評価されています。侘び茶を大成させた千利休は、水には並々ならぬこだわりを持っていたといわれますが、千利休が茶室を建てたのも、この山崎の土地でした。そして、お茶をいただく前に、まずお客様に水を味わっていただき、そのおいしさを証明していたといわれています。

水無瀬神宮の「離宮の水」

水無瀬神宮の「離宮の水」
 

私も、備え付けのひしゃくでこの水を一口いただきました。澄み切った水の味わいはとても美味しく、ほんのり優しい甘みを感じます。この水のおいしさの理由は、やはり、今も豊かな自然が残る天王山にあります。そして、天王山の竹林から湧き出るこの良質な天然水が、山崎蒸溜所のウイスキーの味わいを支えています。山崎の名水は、軟水の中でもミネラル分のバランスが良く、発酵の工程で酵母が活き活きと働くためには、この絶妙なミネラルバランスが欠かせません。山崎の名水で仕込むからこそ、その後の工程で複雑な香味や重厚なモルト原酒に育まれていくんですね。
ウイスキーの品質の鍵を握っているとも言える、清らかな水。この水のおいしさを守り続けていくためにも、サントリーは地域の方々と協力して天王山周辺の森林整備にも力を注いでいます。
天王山周辺の森林整備活動レポートはこちら

おいしいウイスキーがつくれるのは、おいしい水がそこにあるから。そして、おいしい水が今も変わらずあるのは、山崎の自然が豊かで、それを守る人たちの想いや活動が生きているからです。山崎蒸溜所にご来場の際は、ウイスキーのおいしさを支える山崎の自然の豊かさもぜひ堪能してくださいね。
山崎蒸溜所の周辺の観光案内のサイトはこちら
ガイドツアーのみどころはこちら


サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

1件のトラックバックをいただいています

Mickey's Column

2012年6月16日 20:09

名水探訪「離宮の水」@大阪府三島郡

「水無瀬神宮」に行ってきました。後鳥羽天皇の離宮「水無瀬殿」跡に建立されたものです。 水無瀬と言うと、私は真っ先に「水無瀬三吟百韻(みなせさんぎんひゃ......

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報