SUNTORY SUNTORY公式ブログ

RSSフィード

サントリーウイスキー蒸溜所ブログ -日本のウイスキーのふるさとから-

水野めぐみ 夏の暑さを乗り切る、おいしいハイボールのつくり方をご紹介!

こんにちは、水野めぐみです。
すっかり初夏の陽気が感じられるようになりましたね。今回は、暑い季節にぴったりなおいしいハイボールのつくり方をご紹介します。

お好みのウイスキーでハイボールをつくってみませんか?
お好みのウイスキーでハイボールをつくってみませんか?
 

おいしいハイボールをつくるポイントは3つあります。

1.ウイスキーとグラスを氷でしっかり冷やす
2.炭酸の刺激を逃がさない
3.ウイスキーとソーダの割合を守る

この3つのポイントを守ると、手軽においしいハイボールをつくることができますよ。
それではこのポイントをおさえながら、実際につくってみましょう。

ポイントを押さえて、是非おいしいハイボールをお愉しみください♪
ポイントを押さえて、是非おいしいハイボールをお愉しみください♪
 
1.グラスに氷をぎっしりと入れる
角の少ない大きめの氷を、グラス一杯にいれてくださいね。
2.ウイスキーを適量注ぐ
3.マドラーを使って、グラスの中をしっかりかき混ぜる
かき混ぜるとウイスキーとグラスをしっかり冷やすことができるので、ソーダを注いだ後も氷が解けにくくなります。混ぜた後は、減った分の氷を1~2個足しましょう。
4.ソーダを注ぐ
おすすめの割合はウイスキー1:ソーダ3~4。氷にあたらないようにゆっくり注ぐと、炭酸の刺激が逃げません。
5.縦に1回混ぜて、ウイスキーとソーダをなじませる
かき混ぜすぎてしまうと炭酸が逃げてしまうので注意です。

これでおいしいハイボールの完成。きりりと冷えたハイボールはウイスキー本来の味わいや香りを際立たせることができます。皆さんも試してみてくださいね。

飲み方やシーンに合わせてグラスも変えて愉しんでみませんか
飲み方やシーンに合わせてグラスも変えて愉しんでみませんか
 
更に、使うグラスにもこだわると、ハイボールの愉しみ方はより広がります。
今回使用した「ハーフロックグラス」は、グラスの上部がややすぼまり、飲み口に向かって広がっているのが特長。ウイスキーがグラスから口の中へ細くゆっくりと流れ込み、甘みを感じる舌先にダイレクトに伝わるので、ウイスキー本来の甘さやまろやかさを感じやすいんです。

他にも、グラスの厚みが薄く口当たりの良い「山崎うすづくりタンブラー」や、しっかり冷えたハイボールが愉しめるステンレス製の「山崎ハイボールタンブラー」などもおすすめ!山崎蒸溜所にお越しの際は「YAMAZAKI DISTILLERY GIFT SHOP」で、是非お気に入りのグラスも見つけてくださいね。

この夏は、お気に入りのウイスキーとこだわりのグラスでハイボールをつくってみませんか。きりりと冷えたおいしいハイボールで今年の夏も爽やかに乗り切りましょう♪


(アンケートは終了しました)

【アンケートにご協力お願いします】サントリーウイスキー蒸溜所ブログについて

日頃サントリーウイスキー蒸溜所ブログをご覧いただきありがとうございます。
より良いブログにしていくために、皆様からのご意見をぜひお聞かせください。よろしくお願いいたします。

「蒸溜所ブログ」に関するアンケートはこちら

サントリーウイスキー蒸溜所ブログのトップ

このページの先頭に戻る

カテゴリー

月別アーカイブ


ご案内係

水野めぐみ 山崎蒸溜所 水野めぐみ

ご案内係の水野めぐみです!
山崎蒸溜所でご案内係を務めています。

趣味はスポーツ全般。蒸溜所を知る前はワイン好きでしたが、今ではかなりのウイスキー通になりつつあります。

みなさんと一緒にこのブログを盛り上げていきたいです!

森川ユタカ 白州蒸溜所 森川ユタカ

ご案内係の森川ユタカです!
白州蒸溜所に勤務しています。

これまでビール工場、ワイナリーでも働いてきましたが、今はウイスキーの世界を探求中の28歳、健康男児です(笑)。

ツーリングやフィッシングなどアウトドア大好き!リフレッシュもかねて全国各地を走り回っています。

関連サイト

ピックアップ情報